さまざまな目の病気について

目の病気と言ってもさまざまなものがあり、症状の辛いものからすぐに処置が必要な緊急制の必要なものがあります。高齢の人によく起こるものとして代表的なものに白内障があります。この病気は目の水晶体が濁ることでものがよく見えなくなる病気で、手術で濁りを取り除くことで回復します。白内障の前触れとも言えるものに飛蚊症があり、視界に糸くずのようなものが漂っているものが見え、これといって治療はありませんが、症状は軽い目の病気です。

和解人に多いのが目の炎症で結膜炎などがあり、目の痒み、充血、目ヤニなどの症状があり、最近は花粉症で起こることもあります。炎症を鎮める抗生剤の目薬で治すことができますが慢性になることもあり、季節によって発症するケースもある病気です。緊急性のある危険な目の病気には緑内障があり、これは目の内部を循環している水分が循環部分に溜まりが生じて流れが悪くなることで起こります。流れが悪くなると圧力が高くなり、目の痛みや頭痛などの症状を起こし、放置すると失明を起こすこともあるので、緊急な処置が必要です。

処置は手術で、詰まっている箇所の流れを良くすることで回復します。他にも目の病気といえば最近はパソコンやスマートフォンの操作で画面をずっと見続けるために起こるドライアイがあり、目の渇きや痛みなどを起こします。対処方は目薬の点眼ですが、根本的な生活を改善しなければ治ることはなく、長くディスプレイを見る時には、適度に休憩を入れるなどの処置が必要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です