自分にぴったりのコンタクトレンズを選ぼう

コンタクトレンズには1日使い捨てタイプと、2週間や1ヶ月で交換するタイプ、1年ほど使えるタイプがあります。どのタイプを選ぶかは使用頻度を考慮する必要があります。もし、毎日のようにコンタクトレンズを使うようであれば、1日使い捨てタイプだと年間のコストがとても高くなります。しかし、高くても毎回新しいものを使えるメリットは大きいですし、使用後は捨てるだけなのでケアが不要です。

旅行の時にも便利ですし、勿体無いことですが装用時に紛失しても箱からまた取り出せばいいだけなので安心です。しかしながら、毎回ケアが必要な2週間や1ヶ月、1年タイプが劣っているという訳ではありません。一般的に、コンタクトレンズは1枚における使用期間が長い方が厚みがあります。最も長い1年タイプは、ペラペラの1日使い捨てタイプよりもしっかりしていて、破れにくくハリのある感触です。

そのため、コンタクトレンズが元々保有している水分が蒸発しづらく、乾燥感が抑えられると言われています。とは言え、最近では乾燥感について十分に研究された1日使い捨てタイプのシリーズも出ていますので、1日使い捨てタイプだと乾燥が強く、絶対的に目に良くないという訳でもなさそうです。要するに、コスト面や乾燥感など色々と考慮すべきことはありますが、自分の生活スタイルに合っていて、実際に装用して不快感がなければ正しいコンタクトレンズの選択ができているということです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です