コンタクトレンズを選ぶ際のポイント

コンタクトレンズを選ぶ上のポイントとして挙げられるのが、自身の目との相性です。近視のみならず乱視でもある方は、ソフトよりもハードレンズの方が矯正の面で優位になります。乱視用の矯正レンズも存在していますが、目の中でレンズが安定しにくい方はつかいにくいという難点があるからです。一方でハードの異物感に耐えられないという場合は、ソフトを選択する方が良いでしょう。

アレルギー症状を持っている方や、コンタクトレンズの汚れが気になる場合は毎日交換できるタイプがおすすめです。翌日に汚れを持ち越さず、常に清潔な状態で使えるためアレルギー症状が悪化しにくくなります。経済性を考慮するのであれば、ワンデイタイプではなく2週間で交換する製品を使うのも選択肢の1つです。目が乾燥しやすい場合、ソフトよりもハードの方が優位です。

ただし異物感が原因で装着しできない方に関しては、汚れにくいワンデイタイプを使うようにしましょう。加齢によって老眼が気になってきた方については、遠近両用のコンタクトを選択するという方法もあります。バイフォーカルレンズと呼ばれる種類が該当し、自分の目と相性の良いものを探すと良いです。ただ遠距離も近距離もどちらも明瞭に見えるという訳ではなく、ある程度の範囲で両方が見えるというレベルであることも覚えておいてください。

しばらく試しで使ってみて見え方に馴染んだあたりから、本格的に使用するという風な使い方がポイントです。細かい作業が要求されたり、遠い箇所をくっきり見る必要性があるケースに関しては向いておらず、どちらかに特化したレンズを装着する方が無難です。コンタクトのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です