コンタクトを使用する場合の注意点

人間は多くの感覚器官を持っていますが、その中でも特に重要なのが目です。これは人間が行動する場合にその判断基準の七割以上を視力に依存しているからであり、視力を失ってしまうとそれまでと同じ生活を実行するのが困難になってしまいます。ところが現在はスマートフォンやパソコンなど目を酷使する機会が増加したことで、年齢に関係なく視力が低下している人が多くなっています。視力が悪くなると日常生活に大きく影響してしまうため、その矯正の方法で眼鏡などの器具を使用しますが、外見を気にする場合にはコンタクトを選択する人も少なくありません。

これは眼鏡を使うと外見が著しく変化するからですが、コンタクトレンズが普及して買いやすい価格帯になったり、機能面が向上して利用しやすくなったことも利用者が増えた理由です。今では通信販売でも購入できるので使用者は広がる一方ですが、正しい使い方をしないことで問題も生じるようになっています。最も多いのが決められた使用期間を守らずに使い続けることであり、これはとても危険なので行わないようにしてください。期限を守らずに使い続けるとコンタクトレンズが目から外れなくなり、最悪の場合は失明にまで発展する可能性があります。

眼球には多くの異物が付着していて、普段はこの異物を涙を使って洗い流しています。ところがコンタクトレンズを使うと涙が阻害され、使用期限を過ぎると完全に密着してしまいます。この状態が続くとコンタクトレンズを剥がす時に網膜まで傷付ける可能性があるだけでなく、眼球に酸素が供給されないことで壊死する危険性が高いので、使用期限は必ず守るようにしてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です